外国人と結婚する前に知っておくことは?

外国人と結婚することは、日本人同士の結婚と比べてどんな違いがあるのでしょう?

私自身、カナダ人の夫と結婚しカナダに住んでいまして、まわりにも日本人と外国人のカップルが沢山います。

お互い違う環境で暮らしてきた男女が結婚して生活を共にすることは日本人同士でも難しいことです。ましてや外国人なら国も違えば言語も違います。

外国人と結婚して海外で生活すると

「どんな現実が待ち構えているのか?」

を紹介していきます。

記事の内容

1.金銭感覚の違い
2.言葉の壁
3.夫婦で共働き
4.食文化の違い
5.文化の違い
6.旅行が里帰りに
7.愛情表現
8.その他

1. 金銭感覚の違い

一番大きかったのは金銭感覚の違い。

日本で働いている社会人の方は貯金をしている人は多いですよね。預金がゼロの人は少ないかもしれません。

クレジットカードが主流な海外では、カードでどれくらい買い物したかを把握できず、計画なしで買う人もいます。

その上、寛大な人も多く、友達やグループで食事に行ったりするとみんなの分をおごってくれる人もいます。この人リッチだなーと思ってた人が実はカードローンを抱えていたりすることもあります。

「今月はカードの請求書を見るのが怖い!」なんて話はよく聞きますし、カード会社に多額の借金があり支払いが追いついていないのもよくある話です。

海外では女性も働いている家庭が多いので、日本のように奥さんが家計をやりくりして旦那さんがお小遣いをもらうというよりは、旦那さんも奥さんも好きなだけ使っている家庭の方が多いように思えます。

2. 言葉の壁

お互いの母国語が話せたら理想ですが、どちらかが相手側の母国語を話してコミュニケーションをとることを強いられます。

配偶者といる時だけならいいですが、電話や、友人や家族の集まり、子供ができると学校関係、医者に行くと難しい専門用語も知っていないと、1人では辛い思いをします。

そんな時に配偶者がどれくらいサポートしてくれる人なのかは大きな要です。

はじめは大変ですが、メリットとしては自分の英語が上達します!

3. 夫婦で共働き

私のまわりで専業主婦の方はかなり少ないです。労働時間は短くても女性が働くのは当たり前のような社会です。

奥さんは出産、育児のために育児休暇をとることはあっても、又仕事に戻ることが多いです。

もし国際結婚の予定があり、専業主婦を考えているなら、結婚前に話し合った方が良いでしょう。

4. 食文化の違い

海外では住む場所により日本食品が手に入りにくいことがあり、種類も少なく、日本で買うより高額です。日本食も自分で作れたとしても限られています。

カナダで生卵は食べれないので「卵かけごはん」や「うな丼」に「カキフライ」など帰国したときに食べたいものリストはいつもいっぱいです。笑

毎日のように日本食を食べたいところですが、日本食ばかりでは配偶者から不平を言われることもありますしね。

5. 文化の違い

私が驚いたのは、家族の集まりが非常に多いこと(配偶者の家族構成によりますが)

日本では親戚が集まるのは年に一回あるかないか程度だったので、

イースター、サンクスギビング、クリスマスは当然のこと、それに加えて我が家では、お正月、誰かの誕生日や週末に集まって食事をすることが頻繁にあります。 

日本では小家族で育ったので、カナダの大家族の年間行事に慣れるまでは大変でした。

はじめは行くだけで良かったわけですが、そのうち我が家でも招待しないといけない雰囲気になるわけじゃないですか。笑 大家族へのもてなしは大変です^^;

宗教の話もしておいた方が良いでしょう。週末には必ず教会へ行く家族は少なくはありません。

6. 旅行が里帰りに

ホームシックにかかる人もいますし、里帰りを要されるので家族で海外旅行になかなか行けません。

日本の両親も私たちが里帰りすることを期待していますし、孫になかなか会えなくてかわいそうですしね。

里帰りだけで高額な出費と日程が奪われますので、他へ旅行する機会がなかなか、、、。

7. 愛情表現

外国人の方はスキンシップが上手ですね。小さい頃からハグやキスの生活で育ったきたからでしょう、スキンシップをするときもごく自然で、いやらしい雰囲気がありません。

毎日のようにハグしたり、 “I love you.” を言いあったり、別れ際にキスしてくれたり、人目を気にしないでサラッとできますね。

8. その他

外国人と結婚すると子供がハーフになるので、バイリンガルになる可能性があります。

カナダでは、高校、大学へ入るための受験戦争がないので、それが何より親としてはありがたいです。

PTAの役員、町内会、自治会などもないのでラクですよ。笑

他にもこちらの記事で紹介しているのでよかったら参考にしてください。

以上になります。

「国際結婚をしたことを後悔しているか?」と聞かれたら、全くそれは後悔していません。
日本の家族と会えないことは寂しいですが、今はインターネットで簡単に顔を見て話せることもできますしね。

どうぞお幸せに♡