【in person】こんな使い方もあった!意味+例文+類似表現

こんにちは! カナダから生の英語をお届けしています(永住23年)。

今回のテーマは in person です。人に対して使うことはよく知られていますが物にも使うのでみていきましょう。

Contents

in person
 ① 意味
  - 発音
  - in-person
 ② 例文
  - 類似表現

in person

person「人」という意味ですが in person はイディオムになります。

① in person の意味

・直に会って/見て

・seeing someone/things in real life

person の発音:[ ˈpərs(ə)n ]

in person は、電話やスクリーン越しではなく「物理的にその場で会って/見て」という意味で、副詞句として使われますよ。

in-person

in-person はハイフンがついたもので、形容詞として使い、大抵は名詞の前に置かれます。

in-person meeting / 対面会議
in-person interview / 対面式面接
in-person classes / 対面授業 

・We have an in-person meeting tomorrow.
 明日は対面会議があります。
a ではなく an になるので注意!

② in person の例文

・You’re taller in person.
 実際には背が高いですね。

・This building is much taller in person.
 このビルは実際に見るともっと高い。

・I saw Ken Watanabe in person yesterday.
 昨日渡辺謙さんを見たよ!

・You can’t print out your ticket. You have to get it in person.
 チケットは印刷できないよ、行って受け取らないと。

・The jacket looked darker in person.
 そのジャケットは実際に見たら濃い色だった。

類似表現

・face to face

face to face「面と向かって」という意味になります。

・They finally met face to face.
= They finally met in person.
 彼らはついに対面しました。

face to face は「顔から顔」という文字通り、向かい合って会った印象を受けます。それに比べ in person は、有名人など遠い距離から誰かを見た場合にも使えますよ。

以上になります。

ご参考になれば幸いです♪