【ティム・ホートンズ】一押しのスイーツと失敗しないコーヒー選び

カナダで最も有名なドーナツのチェーン店が『ティム・ホートンズ』!

国内になんと3800以上もの店舗があり、アメリカには800店以上、世界では合計4900店以上もある、人気急上昇のお店です。

私もカナダに22年住んでいるので、何回訪れたことやら^^

日本の「ミスタードーナツ」のような感じで、主にドーナツを販売。

他にもマフィン、クッキー、シナモンバンもありますし、ベーグル、サンドウィッチ、スープ類など様々なメニューがあり、朝食やランチにも利用出来ます。

私がいつも注文するスイーツは Maple Pecan Danish(メープル・ピーカン・デニッシュ)です。

それほど甘すぎず、日本人の口に合っていますよ。カナダではやはりメープルがおすすめです。 私は一番好きでほぼ毎回これを注文しているので是非お試しを!(写真右↓)

夫がいつも注文するのは「Boston Cream/ボストン・クリーム」、上にはチョコレート、中にはたっぷりのカスタード・クリームが入っていてカナダ人にはとても人気があります(写真左:かなり甘いですよ〜)。

いろんなドーナツを試したい方には「ティムビッツ」がおすすめ! 色々な種類の球状の小型ドーナツを箱に入れてくれます(10、20、40個入)。子供にもとても人気がありますよ。

さて、お次はコーヒー♡

皆さんは「ダブル・ダブル」とう英語を耳にしたことはありますか?

カナダ独特のコーヒーの注文の仕方で、その発祥は「ティム・ホートンズ」と云われています。現在では他のファーストフードでも使われています。

Can I get a small/medium/large/extra-large double-double, please?

これは「砂糖、クリーム各小さじ2の(OOサイズの)コーヒーを下さい」という意味になります。

double-double = 2倍2倍

注文の仕方はこちらの記事でも紹介しています。

私はブラックの濃いコーヒーが好きで、Tim Hortons の Dark Roast Coffee (ダーク・ロースト・コーヒー)はおいしいのでおすすめです!

日本のアメリカンのような薄いコーヒーが好きな方は Original Blend Coffee を注文しましょう。

上の写真のコーヒーのサイズは「Small」と「Extra Large」です。日本ではあり得ないサイズですね^^;

コーヒーの濃さを英語で説明すると、

濃いコーヒー = Strong(ストロング)

薄いコーヒー = Weak(ウィーク)

カフェインを抜いたコーヒー = Decaf(ディカフ)

以上がカナダ・アメリカを中心に大人気の「ティム・ホートンズ」の情報でした。

カルガリー空港にもありますので、飛行機の長旅の疲れを甘いドーナツで癒してくださいね^^ カナダにお越しの際は是非「ティム・ホートンズ」へ!