世界遺産のバンフ国立公園に来たら【レイクルイーズ】は外せません!

(※2022年5/1 更新)

ご訪問ありがとうございます。カナダ在住23年の管理人です。

バンフ国立公園と言えば、代表的なシンボルとなるのがレイクルイーズです。日本からのカナディアンロッキーツアーでは、ここはまず間違いなく組み込まれているでしょう。モレーン湖を上回る知名度です!

私も何回訪れたのか? もう数え切れないほど行きました。日本から友達が来たときには必ず連れて行く観光スポットでもあります。

では、レイクルイーズの最新情報をお伝えしていきます。

記事の内容

▪︎ レイクルイーズの魅力
▪︎ カヌーのレンタル情報
▪︎ ベストシーズン
▪︎ 年間の平均気温と服装
▪︎ 交通手段

レイクルイーズ

✔︎ レイクルイーズの魅力

他の湖と違う特徴は、湖畔にフェアモント・シャトー・レイクルイーズという豪華ホテルがあり、ホテルと湖とカナディアンロッキーが一体となった絶景が見られます!

ホテルへ入ることも出来ますので、お土産を見てまわったり、食事や軽食をして優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

周辺の山にはトレッキングコースもあり、色々な角度からレイクルイーズを楽しめます。

✔︎ カヌーレンタル

カヌーのレンタルは湖畔にあり、一つのカヌーに2〜3人又は大人2人+子供2人(25kg以下)まで乗れます。

※(2022年5/1 更新)ボートハウスはまだ営業していないため、去年の情報かもしれません。

料金:1時間$135 (ホテル宿泊者は$95)
営業時間:10〜18(月〜金)8:30〜18(土日)※冬は湖が凍っています。
詳細:カヌーレンタルのサイトはこちらへ 

20年くらい前でしょうか、この湖でカヌーをしたことは今でもかけがいのない思い出として残っています。

✔︎ ベストシーズン

レイクルイーズは冬の間は凍っているので、夏になると観光客でたいへん賑わいます。

ベストシーズンは6月下旬から9月中旬にかけて。湖の氷が溶けた後のターコイズ色が見れる時期が1番素晴らしいです。

レイクルイーズはモレーン湖と違い、冬の間も道路が閉鎖するがことがなく一年中アクセス出来ます。

夏の数ヶ月間しか美しい色の湖は見れないのですが、冬はスキー場がオープン、そして毎年1月頃に「アイス・マジック・フェスティバル(氷彫刻)」がありますのでこちらもお楽しみ頂けます。

✔︎ 年間の平均気温と服装

平均気温 C°(最高/最低)雨・雪の日数
1-3/−1411
2-2/-1511
31/-1214
44/-1114
57/-613
610/-118
719/416
820/413
915/113
107/-412
11-1/-1215
12-5/-1713

夏の間は、最高気温は高くても20度前後。最低気温は夏でも低く朝晩はかなり冷えます。

夏の晴れの日には、Tシャツの上に朝晩は長袖シャツや冬のジャケットを重ね着、ジーンズや8部丈くらいのパンツがいいと思います。

雨の日や風が強い日は長袖シャツにパンツ、気温により薄手か厚手のジャケットも用意しておきましょう。

真夏でさえ、カナディアンロッキーの辺りは風が冷たいことがよくあります。日差しはきついので帽子やサングラスがあった方が良いでしょう。

雨が降ると気温もグンと下がりますのでしっかり準備していきましょう!

✔︎ 交通手段

交通手段:車、バス、ツアーがあります。

経路:カルガリー空港→キャンモア→バンフ→レイクルイーズ 

住所:111 Lake Louise Dr Alberta

カルガリーから車で行く場合

空港から210km/約2時間

高速道路(トランスカナダ・ハイウェイ)でレイクルイーズまで行き、レイクルイーズの出口で降ります。

☞ バンフ国立公園への入園方法、入園料の詳細はこちらの記事へ。

※ 友人が2020年の8月午前中に訪れた時は駐車場が満車で断念、下のヴィレッジで車を駐車し、レイクルイーズまで歩いたそうです(徒歩:1時間・4.1km )

カルガリーからバスで行く場合

⚫︎「Banff Airporter」カルガリー空港→ バンフ(バンフからレイクルイーズは下記参照)

⚫︎「Brewster Express」カルガリー空港→ レイク・ルイーズ(Fairmont Chateau Lake Louise下車)

※ バスのスケジュール・料金の詳細と、カルガリーからバンフへ行くその他のバスの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

バンフからバスで行く場合『Roam』又は『Hop On Banff』

⚫︎ Roam はバンフの街内を走っているバスでルートにより行き先が異なり、ルート8Xは夏はレイクルイーズの湖畔まで運行しています。

片道$10、1日パス$20、1日スーパーパス$25(以下の区間が乗り放題)

▪︎キャンモア
▪︎バンフ
▪︎ジョンストン渓谷(運休)
▪︎レイクルイーズ
▪︎モレーン湖

⚫︎ Hop On Banff は観光スポットを巡回するバスで、以下の場所を自由に乗り降りできます。

1日パス:大人$61.90、子供$47.60(2022年5/1現在)

▪︎バンフ
▪︎ジョンストン渓谷
▪︎レイクルイーズ・ゴンドラ
▪︎レイクルイーズ・ビレッジ
▪︎レイクルイーズ湖畔
▪︎モレーン湖湖畔

観光者用の便利なバスで、カナダの黄色いスクールバスに乗る体験まで出来ます! ホームページでは事前に予約する事を勧めています。

ツアー

日本からツアーで申し込む他にも、カルガリー空港発やバンフ発の日本語の現地オプショナルツアーがたくさんありますので、「カルガリー発/バンフ発 レイクルイーズ オプショナルツアー」で Google検索してみてくださいね。

以上になります。

レイクルイーズはモレーン湖同様、訪れる季節や時間、天候によって、たくさんの顔を見せてくれる魅力あふれる湖、一生に一度はお越し頂きたいです!!!