英語で【なんでもいい・いつでもいい・何もいらない】を上手に伝える

前回の「どっちでもいい」に引き続き「なんでもいい」をご紹介します。

例えば「何食べたい?」と聞かれたときの返事ですね。選択肢が3つ以上ある場合の返事を紹介していきます。

選択肢が3つ以上ある場合の返事の仕方

▪︎なんでもいい、いつでもいい。
▪︎何もいらない、どの日も都合が悪い。
▪︎おまけ(全部ほしい)

なんでもいい、いつでもいい。

① Anything 〜
② Any 〜

① Anything 〜

意味は「なんでも」です。

・Anything is fine.
 なんでも結構です。
 なんでもいいです。

フォーマル・カジュアルの両方の場で使えるのがこちらになります。語尾に with me がつくこともありますが、よく省略されます。

・Anything is fine with me.

ここで注意したいのは Everything(全て)ではないということです。間違いやすいので注意してくださいね。Everything is fine は「全て順調にいってる」という意味になってしまいます。

fine を goodokay に置き換えができますが、フォーマルな場では fine を使った方が品がありますよ。

・I’m fine with anything.
 なんでも結構です。

・I can eat anything. I’m not picky.
 なんでも食べれます。好き嫌いないです。

※ picky=選り好みする

・Anything. I’m not fussy.
 なんでも。好みにうるさくありません。

※ fussy=こうるさい

・I’m open to anything.
 なんでも受け入れますよ。

※ I’m open は「心が開いている状態」です。詳しくは→ こちらの記事で取り上げています。

② Any + 名詞 (どんな〜でも)

・Any day is fine.
 いつでも結構です。

・Any day will work for me.
 どの日でも都合がいいです。
 ( work=「都合がつく」)

・Any day next week will do.
 来週ならどの日でも結構です。

・I’m fine with any cake.
 どのケーキでも結構です。

・A: What type of job are you looking for?
 B: Any job.
 どんな職種を探しているの? 
 どんな職種でも。

・Any book you choose is fine with me.
 あなたが選ぶ本ならなんでもいいです。

その他: Whatever 〜

意味は「〜するものはなんでも」

「夕飯何にしよう〜」と言ったときに、夫が時々言うセリフがこちらです。

Whatever is easier (for you to cook).
(君にとって作るのが)簡単なものならなんでも。

・Whatever is fine. I’m easy.
 なんでもいいです。うるさく注文をつけません。

※ easy=ごちゃごちゃ言わない簡単な性格

・I’m fine with whatever.
 なんでもいいです。

・Whatever you like.
 なんでも君が好きなものを。

・I’ll eat whatever you decide.
 君が決めたものなんでも食べるよ。

・I’ll drink whatever everyone is drinking.
 なんでもみんなが飲んでいるのを頂きます。

・Whatever.
 なんでも(※参照)

※ Whatever は Anything とは違い「なんでも勝手にして」という投げやりな意味で使われることもあるため注意が必要です。使い方や声のトーンによっては「関心がない」と誤解されるかもしれないので、慣れるまでは “Antyhing” と言うか、単独よりは文の一部として使う方が良いでしょう。

その他: Whenever 〜

意味は「〜するときはいつでも」

日程で「いつがいいですか?」の返事で Whenever を使う場合は、

・Whenever is good for you.
 いつでも君にとっていい日で。

・Whenever works for you.
・Whatever day works for you.
 いつでもあなたの都合のいい日で。

何もいらない、どの日も都合が悪い

A: Would you like something to drink?
 何か飲み物はいかがですか?

B: No, thank you.
B: No, I’m good (for now). Thanks.
 いいえ、結構です。
 (今は)大丈夫です。ありがとう。

・Sorry, I don’t really like any of them.
 すみません、どれもあまり好きではありません。

・Sorry, none of those days will work for me.
 すみません、それらのどの日も都合が悪いです。

おまけ:「全部ほしい」

夫の両親の家で大家族が集まったときに、デザートが2〜3種類あり「どれがいい?」と聞かれたときに私が言うセリフを紹介しちゃいましょう。笑

・Can I have a little bit of everything?
 全ての種類を少しずつ頂けますか?

私みたいな欲張りさんには覚えておいて損はないフレーズです。笑

以上になります。

関連記事→「どっちでもいい」の言い方も一緒にマスターしちゃいましょう!