How are you?他の言い方11選|返事の仕方も詳しく解説

How are you? ばかりに慣れてしまっていると、違うあいさつをされた時に返事の仕方がわからずに言葉に詰まってしまいますね。

昔、私の同僚で How are you? の代わりに毎回 What’s up? を使ってあいさつする方がいました。当時の私は Nothing で返事をしていて

「いつも同じでいいのかな?」

「つまらない人だと思われるかな?」

と返事に困っていたのを覚えています。

当時はわからなかったのですが、特別に深く関心を持って私にたずねていたのではなく、あまり意味がない軽いあいさつだったとあとで理解できました。

✔︎「どうやって返事をするのか?」

✔︎「他にどんなあいさつの仕方があるのか?」

昔の私のようにわからない方も多いと思うので How are you? の他の言い方と、それぞれの返事の仕方をご紹介します。

記事の内容:あいさつと返事

1 How are you?
2 How are you doing?
3 How’s it going?
4 How is everything (going)?
5 How are things (going)?
6 How have you been?
7 What’s up?
8 What are you up to?
9 What have you been up to?
10 What’s going on?
11 What’s new?

1. How are you?

「(調子は)どうですか?」

日本語では「元気ですか?」と訳されることが多いですね、同じニュアンスで使え、フォーマルでもカジュアルでも使えます。

日本の「元気ですか?」より頻繁に使われます。

例えば朝に家族に How are you? と聞いて、又夕方に同じように How are you? と聞くことさえあります。

日本人にとってはなぜ1日に何回も聞くのか不思議に思うことですが習慣なんです。

How are you? の返事

フォーマル

・I’m well/fine. Thank you. How are you?

カジュアル

・Good! How are you?

・Good, and you?

・I’m good. Thanks.

・Good!

※ I’m good. は文法的には正しくないのですが、実際にはこう返事をする方が大半を占めます。

簡単に済ませるあいさつなので Good などのポイティブの返事をするといいでしょう。上の例文のように中には Thanks を省いたり、相手が店員などの場合は聞き返さないこともあります。

ちなみに店員さんには How are you? を聞き返してもいいですし、聞き返さなくても大丈夫です。店員さんの忙しさ具合やその時の気分次第ですね^^

シンプルな返事

まあまあ→ Okay. / All right. / So so.
なかなか良い→ Fine. / Pretty good./ Not (too) bad.
良い→ Good.
とても良い→ Great. / Very well.
文句なし→ (I) can’t complain.
最高→ Never been better.
最高→ Couldn’t be better.
→ 最後にThanks, and you?

元気ではない→ Could be better. / Not (so) good. / Not great.

2. How are you doing?

「どうしていますか?」

How are you? とほぼ同じ意味で、カジュアルとフォーマルの両方で使えますが、How are you? の方がよりフォーマルです。

How are you doing? の返事

・I’m doing good. のように I’m doing 〜. で返事をする。

・1の「シンプルな返事」を参照。

3. How is it going?

「生活はどうですか?」

口語では How’s it going? と言います。

it はあなたの生活を指し「どのように進行していますか?」という意味です。

初対面の方にも使えるフレンドリーなあいさつで親しみを感じます。カジュアルなあいさつなのでフォーマルの場では避けましょう。

How is it going? の返事

・It’s going well. のように It’s going 〜. で返事をする。

・1の「シンプルな返事」を参照

4. How is everything (going)?

「生活全般にどう?」

口語では How’s everything (going)? と言い、カジュアルな場面で使えます。

How’s work? How’s school? How’s your family? などの質問を全部まとめて聞けるのが How’s everything? です。

How‘s everything? の返事

・Everything is okay. のように Everything is 〜. と返事をする。

・1の「シンプルな返事」を参照

・Well, actually, I quit my job.
 えっと、実は、仕事をやめました。

5. How are things (going)?

「生活はどうですか?」

things は「物事」で、4の everything と同じで生活全般をたずねています。

Sue: Hey, Ken, How are things?
   ケン、順調にいってる?

Ken: Good, thanks. How are things at school?
   順調だよ。学校は全て順調?

Sue: Things are good, thanks.
   うまくいってるよ、ありがとう。

How are things? の返事

・Things are good.

・They are fine.

・1の「シンプルな返事」を参照

6. How have you been?

「どうしていましたか?」

口語では How’ve you been? とも言います。

久々に会った時に使われ How are you? が現在の状態をたずねているのに対して How have you been? は最後に会った時から現在までの時間を伴った質問になります。

How are you? の時制の変化なのでフォーマルとカジュアルの両方で使えます。

Sue: Hi Ken, it’s been so long! How have you been?
   ケン、久しぶり、どうしてた?

Ken: I’ve been working a lot.
   ずっと仕事三昧だったよ。

How have you been? の返事

・I’ve been great. のように I’ve been 〜. と返事をする。

・As usual. / Hectic. / Busy.
 いつもと同じ。/ 慌ただしい。/忙しい。

・1の「シンプルな返事」を参照

7. What’s up?

「(最近)何かあった?」

up の意味は「(話題や事件などが)持ち上がって」 なので What’s up? を直訳すると、何が起きてるのかという意味になり、近況を聞く場合に使います。そして、その他の使い方もあるので紹介していきます。

① How are you? の代わりとして、砕けた言い方で友達の間で大変よく使われています。あいさつの声掛けのように使われることもあります。

Sue: Hi Ken, what’s up?
   ケン、最近何かあった?

Ken: Not much, you?
   別にないよ。スーは?

② 予定を聞く場合にも使われます。

Ken: What’s up tonight?
   今夜何してる?

Sue: Nothing much.
   特に何もない。

③ いつもと様子が違う人に「何かあった?」と聞く場合や、「何ですか?」と質問する場合にも使えます。

Ken: What’s up, Sue?
  スー、どうかした?

Sue: I didn’t do well on my exam.
  テストが今一だった。

K: Sorry to hear that. Do you have a minute?
  それは残念。今ちょっと時間ある?

S: Yeah, what’s up?
  うん、どうした?

What’s up? の返事

何もなければ Nothing (much). / Not much. などが一般的な返事です。

・Nothing (much).
 特に何もない。

・Not much.
 たいしてない。

8. What are you up to?

「何してる?(忙しい?)」

慣れていないと少し理解が難しいフレーズです^^; いくつかの意味があるので紹介していきます。カジュアルな質問なのでフォーマルの場では避けましょう。

普段よく会う友達でしたら、あなたが今忙しいかを知りたい場合にこの質問を使うことがよくあります。お誘いやお願いがある可能性があります。

時間を表す単語と一緒に使い「夜は何してる?」と質問することもできます。特に忙しくない場合は Not much や Nothing と答えます。

① 「何してる?(忙しい?)」

Ken: Hi Sue, how are you?

Sue: Hi Ken, I’m good, thanks. How about you?

Ken: Good, thanks. What are you up to (this afternoon)?
  (午後)何してる?

Sue: I’m about to go grocery shopping. Why? What’s up?
  今から買い物に行くところ。どうして? 何かあるの?

Ken: If you’re not busy later, do you want to grab a beer?
  あとで忙しくなかったら、飲みに行かない?

② 「どうしてた?」

久々に会った友達でしたら「どうしてた?」と近況をたずねる場合に使います。「最近」などの単語と使われることがあるので判断しやすいかもしれません。これと同じ意味の文を次の9でも紹介します。

Ken: What are you up to these days?
  ここのところどうしてた?

Sue: I’ve been studying for finals.
  学年末試験の勉強をずっとしているよ。

③ あいさつではありませんが、何かたくらんでいる人にたずねる場合にも使います。

・What are you hiding? What are you up to?
 何を隠しているの?何かたくらんでいるの?

What are you up to? の返事

・何もなければ Nothing (much). / Not much. などが一般的な返事です。

・忙しい場合は予定を伝えて上の例文のように相手が何か必要なのか聞いてあげると良いでしょう。

9. What have you been up to?

「どうしてた?」

8の文に時間が伴った質問です。最後に会ってからどうしてたの?という意味合いで、近況を聞く場合に使われます。フォーマルの場では避けましょう。

Ken: Hi, I haven’t see you for a while. What have you been up to (these days)?
  久しぶり、ずっとどうしてた?

Sue: Hey Ken! Did I tell you that I’ve started a new job?
  新しい仕事が決まってはじまったことは言ったかな?

What have you been up to? の返事

何もなければ Nothing (much). / Not much. などが一般的な返事です。

相手が近況を知りたいときは、

・Nothing much. I’ve been busy with work.
 何も変わりないよ。仕事でずっと忙しい。

・Guess what? I’ve been seeing Ken since last month.
 実は、先月からケンと付き合ってるの。

・I’ve been travelling a lot.
 たくさん旅行してたよ。

10. What’s going on?

「何かあった?/変わりない?」

直訳すると「何が起こっているの?」なので相手の近況を聞く場合に使います。 What’s up と同じような意味で、カジュアルに使われるのでフォーマルな場では避けましょう。

① 近況を聞く場合

Sue: Hi Ken, it’s been a while. What’s going on?
  ケン、久しぶり、変わりない?

Ken: Not much, same as usual.
  特にないよ、いつもと同じ。

② あいさつではありませんが、状況を把握する場合にも使われます。

Sue: There are many people here. What’s going on?
 人がたくさんいるけど、何かあったの?

Ken: There was an accident.
  事故があったよ。

What’s going on? の返事

何もなければ Nothing (much). / Not much. などが一般的な返事です。

11. What’s new?

「何か新しいことあった?」

近況をたずねるカジュアルなあいさつで What’s up? と似たような感じで使います。

Ken: Hey Sue! What’s new?

Sue: Nothing much, you?

What’s new? の返事

何もなければ Nothing (much). / Not much. などが一般的な返事です。

まとめ

How are you? に関連する How are you doing? と How have you been? はフォーマルと覚えておきましょう。フォーマルな場では How are you? を使うとまず間違いありません。

ここで紹介したあいさつは、多くのシチュエーションでは簡単な軽いあいさつとして交わされますので、短く返事すると良いでしょう。

What に関連する質問はカジュアルだと覚えておきましょう。 

What’s up?
What are you up to?
What have you been up to?
What’s going on?
What’s new?

これらの質問は、Nothing much や Not much の返事で大丈夫です。簡単なあいさつとして交わされることが多いのですが、一緒に時間を過ごしている場合など相手があいさつ以上を求めているときは近況を話すと良いでしょう。

以上になります。

みなさんも今日から How are you? を使うのをやめて、これらも使ってみてくださいね。そうすることで、相手がどんな返事をするかを学習でき、自分のものにしていくことができますよ♪